☆リズムの取り方☆

皆さん、こんにちは!!
福本です。 かなり冷え込んで来ましたね~。 風邪が流行って来ているようですが、皆さんは大丈夫ですか?(>_<)
最近良く生徒さんから、『裏拍って何ですか??』というご質問がよくあります。 うーん。。 裏拍とは何でしょう??
というわけで、今日はリズムの表と裏について書きます!!(^v^)
例えば、小節の一拍目に歌詞の出だしがぴったり当てはまると、その部分は表拍です。 ???(・A・)  では、分かりやすいように、曲で解説させてもらいますね!
例えば、音楽の時間や卒業式などで歌われる唱歌の『ふるさと』(3拍子)
小節の1拍目に主にフレーズの歌い出しがきます。 手で三角形を描きながら3拍子を振ってみましょう。 【うさぎ】の【う】が一拍目、【かの山】の【か】が一拍目となります。 これは表拍です。
 岡本真夜さんの『tomorrow』 (4拍子)
【涙の数だけ強くなれるよ】の【な】と【つ】はそれぞれちょうど小節の一拍目になります。 サビは表拍中心です。
 これに対して裏拍は、小節の1拍目に出だしが当てはまりません。 半拍or4分の1拍前や後ろにあったりします。
HYさんの『366日』(4拍子)
 出だしの【それでもいい】の『そ』 【もどれないと】の『も』は、小節の1拍目より半拍後ろで入ります。
サビの【こわいくらい】の『こ』  【おぼえてるの】の『お』も同じ入りです。  このAメロとサビは、8分(音符)の裏拍と呼びます。 このような裏拍での入り方が多い曲は、正確に歌うにはリズムが少し難しいです。
でも慣れてくれば、大丈夫ですよ。  体全体でリズムを取りながら歌っていきましょうね!
misia さんの 『every thing』 (4拍子)
ですが、出だしの【すれちがう】 の『す』【あなたとめぐり合えた】の『あ』 は1拍目ではなく、4分の1拍前から入ります。 これは16分(音符)の裏拍。 1、2、3、4と手を叩きながらリズムを取ってみましょう。
正確に取ると、『す』と『あ』の位置が1拍目に来ないのが分かります。
テンポが早い曲でも表拍中心の曲なら、リズムは取りやすいです☆☆☆
AKB48の『フライングゲット』はテンポは速いですが、表拍中心です。
サビ、【フライングゲット 僕は一足先に】の【フライン】、【一足】はいずれも小節の一拍目です。
 ♪
このように、リズムを意識しながら歌ってみると、より歌に歯切れよさ、メリハリがついて来ます。 選んだ曲が表拍と裏拍どちらが中心なのか分からないときは、いつでも私たちに聞いてくださいね!
以上、リズムについてお送りしました☆☆☆
さてさて、11月29日(日)に行われる、LIVE&PARTY Vol.3 もあと一ヶ月ほどと迫ってきました!!
出場される皆様、本番に向けて頑張って行きましょう!!(-^〇^-)
今回出演されない方もまた次の機会にぜひどうぞ!! 観に行きます~のかたも大歓迎です! アットホームで、とても楽しいイベントですよ♪♪
ブログ

About the author

The author didnt add any Information to his profile yet
Comments are closed.