★演歌をうたう★

みなさんこんにちは!インストラクターの福本です(-^〇^-)

だんだん涼しくなってきましたね。                                                                今年は暑い日がつづきましたが、そろそろ秋の風が心地よくなってきました。

季節の変わり目は風邪にご注意くださいね!(>_<)
今日は僕が歌を歌うきっかけとなりました、演歌について少し書きたいと思います♪
演歌というと、ゆっくりしていてノリが悪い、ちょっと田舎っぽい、
というふうに、若い世代の方からすると、少し敬遠しがちかもしれませんね(´▽`)
確かにポップスに比べるとテンポは遅いものが多く、
手拍子を叩きながら歌えるようなものは少ないかもしれません。
ですが、演歌には演歌ならではの良さがあります。
例えば、
☆曲自体に演歌独特のうねりがあるものが多く、自然と抑揚がつき易くなります。
☆スローな曲が多いので自然と音程が合わせ易くなります
☆複式呼吸がやり易く、歌いやすいものが多い。
☆こぶしをまわすことは、POPSで言うfakeや装飾音符の技術につながります。
☆歌詞の世界観に情感を込め易いものが多く、表現力が身につきます。
このように、演歌ならではの利点は盛りだくさん!!
最近のカラオケ界では、だんだんと演歌離れが増えていっている傾向にあるようですが、
元AKB48の岩佐美咲さんなどは、若手演歌歌手として演歌とPOPSの架け橋へと繋がるように、
音楽界に貢献されておられますね(^^)
僕が演歌を歌い始めたのは5歳の頃です。
まわりの人たちがPOPSを歌っているのを見て気恥ずかしくなり、
中学時代からはしばらく歌わないこともありましたが、
改めて演歌の良さに気がつき、また歌い始めることになりました。
歌手としてはPOPSと演歌の両方でステージをこなしてきました。
僕が今の歌い方のベースを築けたのは、演歌を歌っていたことも大きいのではないかと思います。
☆☆歌いやすいおすすめ演歌曲☆☆
また君に恋してる    坂本冬美
津軽海峡冬景色    石川さゆり
人生いろいろ     島倉千代子
河内おとこ節     中村美津子
きよしのズンドコ節  氷川きよし
北酒場         細川たかし
最近少しずつですが、演歌を歌われる生徒様が増えて来られたような気がします。
皆さんも、良かったらぜひ一度演歌にもチャレンジしてみてくださいね~!!(-^〇^-)
ブログ

About the author

The author didnt add any Information to his profile yet
Comments are closed.